一昔前までは、個人の資産づくりには基本的なパターンがありました。

自己責任が鉄則!投資に必要な知識はしっかり身につけよう


一昔前までは、個人の資産づくりには基本的なパターンがありました。貯蓄を兼ねて生命保険に入り、子どもの教育資金は学資保険で。財形貯蓄と預金をためて住宅金融公庫(現在は住宅支援機構)から融資を受けて家を買う。老後は退職金と年金暮らしで安泰に・・・。ところがこの状況は今となっては単なる夢物語になりつつあるのです。厚生年金も先細りが騒がれる中、企業年金に関しては日本版401kといわれる「確定拠出型年金」に切り替えようとする動きが出てきました。従来の企業年金が勤務年数や給与水準に応じて決められていた「給付建て」なのに対し、日本版401kは先に掛け金が決まっている「掛け金建て」。最大の特徴は自分の掛け金をどのような金融商品で運用するか、自分で選択できるものです。つまりこんなところでも自己責任が求められる時代になってしまいました。
「投資」はなおさら自己管理、自己責任が必要です。そのためにも投資商品については自分なりに情報収集をして勉強しなくてはなりません。窓口や電話の営業ですすめられたからといって、即決してはいけません。「なんとなくよさそう」と感じて始めるものでもありません。お金を稼ぐのも損失するのも、すべて自分に降りかかったくること。じょうずに運用している人は、素人でもそれなりに勉強しながら実践しているものです。「投資」に限ったことではありませんが、努力なくして利益は得られないということを心得ておきましょう。

関連記事

Copyright (C)2017 【投資の極意】債権、投資信託、株式投資、不動産投資など、東京在住の30代管理人から心をこめてw.All rights reserved.